【グランツキャットフード】安心・安全・食いつきの良さで愛猫を救う

4種類のキャットフード

グランツ猫を抱く

猫ちゃんのフードは大きく分けて4種類です。

 

・必要な栄養素をすべて配合した「総合栄養食」

 

・おやつやご褒美として与える「間食」

 

・病気の治療目的の「療法食」

 

・嗜好性の高い「一般食」

 

総合栄養食を与えていれば必要な栄養素、カロリーが摂れます。

 

しかし病気の治療目的の「療法食」はともかく、「間食」や嗜好性の高い「一般食」だけを与えている例もみられます。そのままでは愛猫が病気になる恐れがあります。

 

また、キャットフードは形状から、ドライフード、ウエットフードに分かれます。

 

ドライフードは長期保存ができます。といっても、1ヶ月以内に食べきるようにした方が良いでしょう。

 

ドライフードは粒に栄養を凝縮しており、ウエットフードに比べて少量でも大丈夫です。

 

ウエットフードの特徴は嗜好性が良く、水分も摂れるということです。

 

ドライフードに比べると、水分の含有量が多い分、栄養素が少なく、ドライフードと同じだけの栄養を愛猫に摂らせようと思えば、ドライフードの4倍の量が必要です。

 

先ずはキャットフードの原材料をチェック

 

キャットフードを選ぶときに第一にチェックしたいのは原材料です。

 

猫は肉食なので多くのタンパク質が必要です。一方、猫は炭水化物が苦手です。だから高蛋白質・低炭水化物のフードがお勧めです

 

原材料はチキン、サーモンなど肉類は具体的に明示されたものを選んでください。

キャットフードのタウリン不足に要注意

 

また、猫は体内でタウリンを合成できません。タウリン不足は目や心臓疾患を引き起こします。
【グランツキャットフード】のようにタウリン配合が必要です。

 

選ぶなら無添加のキャットフード

 

着色料・保存料・香料などが使われている格安フードも見られます。品質保持のために使われているのかも知れませんが、無添加のフードを選ぶ方が無難です。

 

キャットフードのアレルギー対策もしっかりと

 

トウモロコシや麦など穀類はアレルギーの原因になったり消化不良を起こすことがあります。グレインフリーを推奨するゆえんです。

 

キャットフードは人間が食べられる材料なら安心

 

人間が食べられる材料なら猫ちゃんに食べさせても安心ですね。

 

飼い主の手作りキャットフードはNG

可愛い猫ちゃんのために手作りのフードを用意する方も見られます。しかしこれはダメです。猫ちゃんが必要とする栄養バランスを実現するのは素人では難しいと思ってください。猫ちゃんに必要なタウリン一つとっても素人では考え付きませんね。
生の食品は病原体が含まれている恐れもあります。

 

プレミアムキャットフードがお勧め

プレミアムキャットフードの特徴は高品質な原材料を使用して製造されていることです。

 

その研究開発には栄養学や獣医学の専門家が協力しています。

 

プレミアムキャットフードは良質な動物性のタンパク質を多く含み合成保存料や着色料は使われていません。栄養価も高い「総合栄養食」です。

 

プレミアムキャットフードは多少お高いのが難点ですがそれだけの価値は十分あります。

 

お勧めの人気のプレミアムフードは【グランツキャットフード】

 

【グランツキャットフード】はグレインフリーでタンパク質は70%以上。もちろんタウリンも配合されて、添加物不使用です。

 

味も3種類から選べて猫ちゃんの好みに合わせやすいです。

 

550円(税込)の1週間お試しサンプル(送料無料)もあるので、安心して選ぶことができます

 

           ↓   ↓  ↓